社会人11年目がコネなしで音楽家に転向した結果...

10年間勤めた会社を辞めました…

私は10年勤めた会社を退職し,

2023年4月からフリーの音楽家になりました.

これから本当に色々あると思いますが,

情報発信をしつつメインの音楽も頑張っていきたいと思います

    

念願でもあったフリーランスになったわけですが,

やはりメリットデメリットがあります.

今後もっと浮き彫りになる気もしますが,,

    

今回の投稿では

今の時点で感じていることを記事にしますね!

 フリーランス音楽家1年目が感じたメリット・デメリット

全ての時間が自由になる

   

これはメリットでもデメリットでもあると思いました.

時間に縛られないため,朝起きる時間も自分で決めれるし,夜寝なくてはならないということもありません.

好きな時に休憩し,休みも取り放題です.しかし,一見自由のようですが,正直このように働くと痛い目を見ると思います.特に一年目は...

常に働いていないと生活できない

私も含めフリーランスになった多くの人は収支のバランス含めて準備万端でなった人はいないと思います.

体感ではありますが,常に仕事を取りに行き,常に頭を仕事モード,ずっと作業を行っている状態にしていかないと上手くは回らないと感じています.現に収入はとても潤っている状況とは言えません..

労働時間で言えば会社員時代の方が,少なかったかも,,

収入の得方

 

音楽家の仕事はさまざまな収入を得る方法があります.もちろん自分の作った音楽やアーティスト活動の収益だけで生活することが目標ではありますが,それはほんの一握りです.

    

それまでは試行錯誤して,自分ができるもの,得意なもの,続けられるものを見つけて,複数の収入を得ることが大事と考えています.

SNS

これはフリーの音楽家にとっては切っても切り離せないものだと思います.

音楽家と話していると,ほとんどの仕事は

  • コネクションで依頼
  • SNSで発見されて依頼

されています.

コネクションを自ら作りにいく方もいますが,これはマジで色んな才能がいると思います.(コミュ力とか...)

自分のアーティスト活動にも役立つのでSNSは頑張るしかないです.

自分が何をしたいのか

さまざまな収入源に対して仕事をしていると、迷う事も沢山あります.

「続けていて意味があるのか?」

「この仕事は受けるべきか?」

そんな時は

「自分は何がしたかったのか?」

「短期〜最終的な目標は?」

これを自分に問いかけることで迷うことが少なくなりました.合っているかは誰にも分からない,信じられるのは自分だけです.

社会人11年目が音楽家に転向した結果...

まとめると

①自由な時間は増えるが管理する能力が必要

②寝る時以外は仕事のことを考えてる

③様々な収入源を考える

④SNSは必須!

⑤ブレない自分を持つ重要性を感じた

最後に

今回はフリーランスになって1年目で感じたメリット・デメリットについてお話ししました.いかがだったでしょうか? 今後どんどん考え方や動き方も変わってくると思います.

 

ただ,今感じていることとしては,正直めちゃくちゃ大変だし,プレッシャーも半端じゃないです!でも好きなこと,自分が決めたことで仕事ができることは幸せだし,何より自分のやったことが直接収入に繋がることを考えると人生長い目で見てメリットが大きいとも感じますね.

最後まで見ていただきありがとうございました.

SNSも更新しているのでフォローしてくれると嬉しいです!

最新情報をチェックしよう!